[PR]

 トランプ米政権は17日、カナダ、メキシコとの間で、安全保障を理由とした鉄鋼・アルミニウム製品への追加関税措置を停止することで合意した。カナダ、メキシコも、米農産物などにかけてきた報復関税を取りやめることで合意した。

 トランプ大統領は17日の演説で、「カナダとメキシコとの間で合意した。関税をかけられずに米国から輸出できるようになる」と述べた。米通商代表部(USTR)は、「報復関税を受けてきた米農家にとってすばらしいニュースだ」とする声明を出した。

 米政権は17日、日本と欧州連合(EU)に対する安全保障を理由とした輸入車への追加関税についても、発動の判断を11月中旬まで180日間延期すると決めた。米中通商紛争が激化するなか、USTRなどが対中交渉に注力できる環境を整える狙いもうかがえる。

 米政権は昨年6月、カナダ、メ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら