【動画】豊島将之新名人が対局から一夜明け「興奮して寝られなかった」と話した。自身の愛称「きゅん」についての感想も=瀬戸口翼、佐藤岳史撮影
[PR]

 第77期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力・QTnet協力)を4連勝で制して名人を獲得した豊島(とよしま)将之新名人(29)が18日、滞在先の福岡県飯塚市のホテルで一夜明けての心境を語った。一問一答は次の通り。

 ――昨晩はゆっくり寝られましたか。

 いや、あまり寝られませんでした。対局が終わった後はなかなか寝付けないことが多い。名人獲得したこともあり、やはりちょっと興奮してしまって。

 ――眠れない状態で何をしていましたか。

 メールを読んだりはしていましたが、夜遅かったので、今日の朝に(メールを)返しました。荷物をまとめたり、ふとんに入ったりしていました。

 ――改めて名人を獲得した気持ちは

 でも、まだあまり実感がわかないところはあります。うれしいことですし、シリーズが終わったので、すぐ棋聖戦もありますので、次の戦いに向けて頑張っていきたい。

――下の世代とどう戦いたいか。

 強い棋士が多いので。年々、競争が厳しくなると思います。次の一局、次の一局の準備だけではなく、長期的に見て実力を伸ばすようなことも。日程的に対局が込んでくると難しいところもあるが、長く活躍できる棋士になって下の世代の方ともしっかり戦えるようにしたい。

 ――来年の名人戦に向けて。

 今回は初めての名人戦ということで、新鮮な気持ちで楽しみながら指せた部分があって、いい結果につながった。そういう気持ちを忘れないようにしたいです。

 ――今、やりたいことは。

 うーん。家に帰って、マッサージを受けに行きます。いつも対局の後、予約をして行くんですけど。

「きゅん」の愛称は「もう30近いので…」

 ――「きゅん」という愛称について、どう思いますか。

 もう30近いのでどうなのかな、と思うんですけど。個人的には微妙な感じではあるが、楽しんでいただけるならいいかな、という感じでしょうか。

 ――メガネはいくつか持っているのでしょうか。

 最近は大体このメガネです。こだわりはそこまでないです。

 ――藤井(聡太)七段を以前から評価している。どう見ていますか。

 素晴らしい才能の持ち主。まだ10代でトップレベルの実力がありますし、伸びしろがあってさらに強くなっていくと思います。自分とは一回り違うので、彼が25歳の時に自分が37歳。そう考えると、自分が年齢的なものを乗り越えて相当うまくこれからの時間を過ごしていかないと、なかなか彼が全盛期と言われる時に戦うのは難しいかなと思っていて。それでも本当にすごい棋士ですから、戦ってみたいですし、それを長期的な目標としてやっていきたい。

 ――タイトル戦で相まみえるイ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら