村上茉愛は泣いていた 厳しい女子団体、五輪へどうなる

有料会員記事

山口史朗
[PR]

(18日、体操NHK杯女子個人総合)

 村上茉愛は泣いていた。「1年で一番大事な試合。出たいという気持ちしかありませんでした」

 約1週間前の練習で腰を痛めた。痛み止めを打って臨む予定だったが、この日の直前練習で悪化した。悩んだ末に欠場を決め、寺本明日香に「あとは任せた」と告げて大会を見守った。

 ライバルの寺本にそんな言葉…

この記事は有料会員記事です。残り395文字有料会員になると続きをお読みいただけます。