[PR]

 島根県隠岐の島町で3月にあった10棟が焼ける火災で全焼した美容室が4月、近くの仮店舗で営業を再開した。母と娘が営む店の再開を町の人たちも喜んでいる。2人は元の場所での店舗再建も目指し、今日も元気にはさみを握っている。

 営業を再開したのは、中西幸子さん(71)と娘の彩子さん(41)が営んできた美容室「ビューティ・R(アール)」。3月13日午後、西郷港近くの西町にあった店の隣から出火し、幸子さんが1982年に建てた店舗兼住宅も全焼した。出火当時は営業中で客もいたため、避難を優先。営業に必要な検査確認済証などの書類や備品はほとんど持ち出せなかったという。

 店の2階で寝起きしていた幸子さんは家財も失い、近くの彩子さんの自宅に身を寄せた。愛用のはさみは海水混じりの消火用水でさびつき、「今後を考えると出るのはため息ばかりだった」と幸子さん。彩子さんも「ほかの仕事に就くことも考えた」という。

 だが、彩子さんのはさみは無事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら