[PR]

 自民党の甘利明選挙対策委員長は18日、野党による内閣不信任決議案の提出が衆院を解散する大義になりうるとの認識を示した菅義偉官房長官の発言に関し、「官房長官の発言は、理屈の上ではなり得る。しかし、事実として解散の可能性は極めて低いのではないか、というのが本人の真意だと思う」と語った。新潟市で開かれた党新潟県連大会のあいさつで述べた。

 甘利氏はその後、記者団に対し、「政権の運営に適していないか国民に問いたい、というのは理屈の上では大義の一つにはなる。ただ、理屈の上で一つになるというのを官房長官が言っただけで、それ以上の深い意味はないと思う」と説明した。

 また、甘利氏は県連大会で、県連所属の塚田一郎参院議員による「忖度(そんたく)」発言について「不用意な発言でご迷惑をおかけした。心からおわび申し上げる」と陳謝し、塚田氏に対し厳重注意をしたことを明らかにした。塚田氏は夏の参院選に新潟選挙区(改選数1)から立候補する予定で、党本部と県連が一丸となって支援態勢を取るよう訴えた。