[PR]

「申し訳ありません」 謝罪の言葉も

 東京・池袋で車が暴走し、母子2人が死亡、10人が負傷した事故で、車を運転し、自身も負傷した旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)が18日、入院先の都内の病院を退院し、警視庁が目白署(東京都豊島区)で、任意で事情を聴いた。同庁は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑での立件に向け、在宅のまま捜査を続ける方針。今後現場に立ち会わせて当時の状況を詳しく調べる。

 飯塚元院長は同日午後3時半前、任意聴取を終えて署を出た。両手で杖をつき、おぼつかない足取りでゆっくりと、横付けにされたタクシーに乗り込んだ。帽子を目深にかぶり、サングラスにマスク姿。終始うつむいたままで、報道陣の問いかけに小さな声で「申し訳ありません」と被害者への謝罪の言葉を述べた。

 捜査関係者によると、任意聴取…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら