[PR]

 瀬戸内7県を拠点に活動しているアイドルグループ「STU48」の船上劇場「STU48号」が18日、玉野市の宇野港に初寄港し、岸壁で記念のセレモニーがあった。行政・自治体などの関係者のほか、ファンらがメンバーたちを温かく出迎えた。

 STU48号は広島港を母港として瀬戸内各県の港に順次寄港し、船内で公演を開く。4月16日には同港で就役式と初日公演があり、グループ結成から約2年を経て専用劇場での活動が本格化した。

 セレモニーでは県出身の藤原あずささん(21)がメンバーを代表し、「活動を通して私の大好きな岡山と瀬戸内エリアの魅力を発信していきたい」とあいさつ。来賓の伊原木隆太知事も「県をあげて歓迎したい」と笑顔で応えた。

 船内のステージに移動したメンバーは歌とダンスのパフォーマンスを披露し、大きな拍手が送られた。宇野港では19日にも2公演が予定されており、同港第一突堤岸壁で船を見ることができる。(華野優気)