[PR]

 日本最大級の自転車ロードレース、ツアー・オブ・ジャパン(自転車月間推進協議会主催、朝日新聞社など後援)の初戦・堺ステージが19日、大阪府堺市堺区の大仙公園で開かれる。

 国外7、国内9の16チーム(96選手)が出場する。うち6人が18日、堺市内で記者会見した。昨年総合優勝したマルコス・ガルシア選手(スペイン)は「ファンに楽しんでもらえるレースをしたい」。堺に本拠を置くシマノレーシングの黒枝咲哉(さや)選手は「みんなが応援してくれるのでがんばりたい」と話した。

 堺ステージでは、10周(27キロ)の順位を全員で競う堺国際クリテリウムや、1周(2・6キロ)の個人タイムトライアルがある。

 大仙公園内の催し広場では区主催のイベントや、自転車に欠かせないベアリングを楽しみながら学ぶ「NTN回る学校」が開かれる。いずれも入場無料。(加戸靖史)