[PR]

 ロシア・カムチャツカ半島の地元政府によると、同半島中部のカーメニ山(4575メートル)で17日、日本人男性1人が登山中に滑落し、死亡した。1968年生まれの「サワダ・ミノル」さんだとしている。また、同行していた別の日本人男性2人は救助され、無事だという。

 同政府によると、18日朝、通報を受けてヘリコプターで現場に向かったロシア緊急事態省の救助隊が、標高約3600メートルの場所で男性を見つけ、死亡を確認したという。

 同山は休火山。遺体は近くのコズィレフスク村まで搬送されており、19日以降、同半島の中心都市のペトロパブロフスク・カムチャツキーへの搬送方法などを検討するという。(モスクワ=石橋亮介)