[PR]

「はやぶさ2」の衝突装置を手がけた会社の開発責任者 藤垣雄一さん(64)

 小惑星探査機「はやぶさ2」の衝突装置を手がけた火薬メーカー日本工機の藤垣雄一さん(64)。福島県西郷村の工場で培った技術で挑戦した。装置の開発は東日本大震災や、想定を超える「宇宙からの難題」に直面し、苦労の連続だった。

 世界で初めて小惑星に人工クレーターを生み出した探査機はやぶさ2。金属の塊を撃ちこむ衝突装置を作った日本(にっぽん)工機(こうき)の開発責任者として、福島県西郷村の白河製造所でメンバー14人を率いた。

 小惑星の200メートル上空か…

この記事は有料会員記事です。残り481文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り481文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り481文字有料会員になると続きをお読みいただけます。