[PR]

 ファンから暴行被害を受けた山口真帆さん(23)とともに、アイドルグループ「NGT48」から卒業するのが山口さんと仲の良い長谷川玲奈さん(18)と菅原りこさん(18)だ。地元・新潟県出身の2人は18日の卒業公演で、今後の「夢」を語った。

 山口さんを含む3人はNGT48の1期生で、同じ「チームG」に所属していた。

 山口さんは18日の公演で長谷川さんと菅原さんに向けてしたためた手紙を読み上げた。

 長谷川さんには「(暴行被害を)世間に発表してから、それまで私に助けを求めていたメンバーもひとごとになったことに、れなは許せないと怒ってくれました。泣きじゃくっている私をずっと抱きしめてくれました。れながいなかったら私はこうして卒業公演を行える状況じゃなかったと思います」。菅原さんには「普段はあまり自分の意見を言わないりこが、『まほを助けることはいけないことなんですか?』と私のために怒ってくれることがうれしかったです。いつも隣でいてくれるりこが本当に心の支えです」と感謝した。

 「れなぽん」の愛称で知られる長谷川さんは、新潟県胎内市出身。昨年のAKB48グループ選抜総選挙で77位にランクインした。小学4年生から中学3年生まで続けた野球が特技で、キャッチフレーズは「NGT48唯一の野球少女! 今日もあなたのハートにホームラン」。グループ加入後はプロ野球の試合で始球式の投手を度々務め、現在はメジャーリーガーとなった大谷翔平選手と「対戦」したこともある。

 今年3月には地元で開かれた胎内スキーカーニバルにも出演した。市内の「道の駅」には「胎内の星 れなぽん」と書かれた横断幕が掲げられ、ファンから持ち込まれた写真や応援グッズが飾られている。胎内市観光協会によると、横断幕は卒業後も可能な限り掲示し続ける予定という。

 「りったん」の愛称で呼ばれる菅原さんは、新潟県聖籠町の出身。キレのあるダンスに定評がある一方で、MCでは天然キャラというギャップで人気を集めた。2016年の秋の全国交通安全運動では「にいがた交通安全大使」に任命された。

 今後の活動について、長谷川さんは「次の夢に向けがんばると決めました。声優になることです。小さい時からアニメが大好きです。プロダクションの指導を受けながら夢を現実にしていきたいと思います」と語った。

 菅原さんは「ソロコンサートという夢に向かって、第一歩を改めて踏めるようにがんばっていきたいです」と話した。(加藤勇介)