[PR]

 熊本県人吉球磨地域の小中学校で、全盲として生きる体験談を約20年にわたり語り続ける男性がいる。いじめのつらさ、自分を守ってくれた友だちのありがたさ、スポーツとの出会い……。マラソンにも出場している男性が目指す次のゴールは「親への謝罪」だ。

 相良村で鍼灸(しんきゅう)院を営む福山洋二さん(66)。生まれつき左目が見えず、右目も徐々に視力が低下し失明した。2月末、人吉市立第二中学校で「共に生きよう」と題して体験を語った。

 相良村の小学校時代は、靴を隠されたり、歩く先にバケツを置かれたりするいじめを受けた。「そんな時、4、5人の仲間が体を張って、いじめっ子たちからぼくを守ってくれた。仲間のおかげで通学できた」

 一方で、先生に「黒板の字を読…

この記事は有料会員記事です。残り825文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り825文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り825文字有料会員になると続きをお読みいただけます。