[PR]

 セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪(日本陸連主催、朝日新聞社など共催)は19日、大阪市のヤンマースタジアム長居で開催され、男子100メートルで日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)が今季ベストの10秒01(追い風1・7メートル)で2位に入った。小池祐貴(住友電工)が日本歴代7位の10秒04で4位。桐生と小池は来年の東京五輪参加標準記録(10秒05)を破った。ジャスティン・ガトリン(米)が10秒00で大会4連覇を飾った。

 今季、日本記録を更新した男子走り高跳びの戸辺直人(JAL)は2メートル27で優勝、女子やり投げの北口榛花(日大)は60メートル00で日本選手最高の2位だった。

 男子200メートルでは日本人の母を持つマイケル・ノーマン(米)が19秒84(向かい風0・4メートル)の大会記録で優勝した。

 オープン種目で実施された男子400メートルリレーで日本は、失格した世界リレーと同じオーダー(多田、山県、小池、桐生)で臨み、38秒00で1位だった。

男子100メートルの日本歴代10傑

  記録 選手名 達成年 

①9秒98 桐生祥秀 2017

②9秒99 サニブラウン・ハキーム 2019

③ 10秒00 伊東浩司 1998

③ 10秒00 山県亮太 2017

⑤ 10秒02 朝原宣治 2001

⑥ 10秒03 末続慎吾 2003

⑦ 10秒04 小池祐貴 2019

⑧ 10秒07 江里口匡史 2009

⑧ 10秒07 多田修平 2017

⑩ 10秒08 飯塚翔太 2017

⑩ 10秒08 ケンブリッジ飛鳥 2017