[PR]

 安倍晋三首相は19日、東京都内で北朝鮮による拉致被害者の家族らと面会し、前提条件なしで日朝首脳会談を目指す方針について初めて説明した。

 首相は、拉致問題相を兼ねる菅義偉官房長官らとともに、家族会メンバーらと約1時間面会した。トランプ米大統領が2月の米朝首脳会談で、金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長との一対一の会談と夕食会の2回、拉致問題を提起したと説明。「一対一の会談は外交上、大変貴重だ。その時間を米大統領があえて割いた意味が、金委員長にも伝わったのではないか」と強調した。

 その上で「米朝首脳会談における拉致問題の位置づけは重要なものとなった」との認識を示し、「条件をつけずに金委員長と会って、率直に虚心坦懐(たんかい)に話をしたい」と改めて会談に意欲を示した。

 家族会の横田拓也事務局長は、北朝鮮が段階的解決に持ち込む可能性に言及し、「全被害者の即時一括帰国のみを求め続けるスタンスでお願いしたい」と要望した。

 首相はこの後、拉致問題の集会であいさつし、「今日まで解決できなかった問題であり、そう簡単なことではない。まだ残念ながら日朝首脳会談についてはメドが立っていないのは事実だ」とも述べた。

 高齢化が進む家族会の中では、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら