[PR]

 日本相撲協会を退職した元横綱貴乃花の花田光司さん(46)が19日、都内のホテルで記者会見を開き、相撲の普及をめざす一般社団法人「貴乃花道場」を設立したと発表した。「世界各地へ足を運んで、日本の伝統文化を伝えていきたい」と話した。理事長は松浦晃一郎・元ユネスコ事務局長で、花田さんは理事を務めるという。

 花田さんは昨年10月、相撲協会との対立を理由に退職。これに伴い、当時小結だった大関貴景勝ら弟子は千賀ノ浦部屋に移籍した。

 この日の会見で花田さんは、「相撲部屋の師匠をやっているときは弟子を育てることに集中していたが、これからは垣根なく、相撲を知らない人、見たことがない人とも触れ合っていきたい」。イタリアや米国を訪ね、相撲の歴史や体の鍛え方などを伝えていくという。

 記者会見では、政界進出の可能性を聞く質問がたびたび出たが、花田さんは「政界進出はありません」「(選挙に)出ることはございません」などと否定した。

 この会見に先立ち、貴乃花部屋時代の後援会関係者らを招いて開いた「貴乃花御縁会」は、発起人に遠藤利明・元五輪相、小渕優子・元経済産業相ら国会議員も名を連ねた。

 この日、東京・国技館で大相撲夏場所を観戦した元横綱若乃花で、兄の花田勝さん(48)が取材に応じ、「頑張って下さい、しかないですよ。(貴乃花道場を)どうやってやっていくのか、楽しみにしています」と話した。