[PR]

 彼女は再び走り始めた。

 「自分の過去を知って受け入れてくれる人が仕事先などにいるので、安心して生活できています」

 弁護士を通じたメールでの取材に、本人から丁寧な答えが返ってきた。

 原裕美子、37歳。女子マラソンの日本代表として活躍した経験を持っている。そして、窃盗の罪を犯した過去も……。

 2017年夏、コンビニで化粧品などを盗み、逮捕された。18年には執行猶予中に再び万引きをし、有罪判決を受けた。衝動的に繰り返してしまう精神疾患の一種、クレプトマニア(窃盗症)だった。

 万引きのきっかけは、「吐くための食べ物」を盗むことだった。

 栃木の高校から00年に実業団入りし、05年の名古屋国際女子マラソンで初優勝。07年の大阪国際女子も制し、翌年の北京五輪の代表候補に名乗りを上げた。「五輪でメダルを取ることが私の最大の目標であり、夢だった」

 その裏で厳しく体重を管理され…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら