[PR]

 宮崎県は20日朝にかけて断続的に激しい雨に見舞われ、同日午前4時40分ごろ、県南部の串間市で避難指示が出された。県によると、午前11時現在、大きな被害は確認されていない。

 避難指示が出たのは串間市本城、市木両地区の1316世帯、2437人。いずれも午前中に解除された。市によると、旧本城中学校など3カ所に一時、42世帯42人が避難した。

 隣の日南市では17日午前3時から20日午前7時までの雨量が420ミリに達し、市内に避難勧告が出された。高鍋町にも避難勧告が出された。