[PR]

 第71回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟など主催、朝日新聞社など後援)は20日、さいたま市で準々決勝があった。東京都勢の東海大菅生(東京1位)は春日部共栄(埼玉1位)に快勝し、準決勝に進出。国士舘(東京2位)は山村学園(埼玉3位)に敗れた。準決勝は21日にあり、東海大菅生は専大松戸(千葉2位)と対戦する。

後続につなぐ気持ちで適時三塁打 国士舘・鎌田州真選手

 5点を失った直後の四回表の攻撃。6番鎌田州真選手(2年)は「自分が返すとか考えない。後ろにつなぐ」と、言い聞かせながら左打席に入った。この回、渡辺伸太郎選手(3年)が右前安打、森中翼選手(同)が四球で出塁、鎌田選手に回した。変化球に的を絞り、真ん中に入ってきたカーブを思い切り引っ張った。打球は右翼手を越え、二者が生還。自身も果敢に三塁を陥れた。相手投手の暴投で自身も生還した。

 身長184センチの大型三塁手。今春の選抜大会では、遊撃手も務めた。「選球眼がよく、コースに逆らわない打撃ができる」と永田昌弘監督。中軸を任せられ、攻守でチームの信頼は厚い。しかし九回、左前安打で出塁したが、中直に飛び出して一塁で封殺された。失策もあった。

 チームは昨秋の明治神宮大会や選抜で初戦敗退。「関東地区大会で1勝できたのはよかったが、力不足も痛感した。劣勢でも粘り強く戦って、逆転できるチームになりたい。守備も走塁も夏に向けてがむしゃらにやるだけ」。悔しさをにじませ、言った。(山田知英)