[PR]

 大阪府熊取町で小学4年生だった吉川友梨さん(25)が下校途中に行方不明になって丸16年の20日、府警の捜査員や、子どもの見守り活動をするNPO法人「あいうえお」(同府貝塚市)の職員ら約30人が、大阪・ミナミの南海難波駅前で情報提供を呼びかけるチラシを配った。

 捜査員らは通行人に、友梨さんが黄色の花の前でポーズをとる写真つきのチラシなど4千枚を配った。大阪市西区の主婦、名越ルミさん(39)は「親御さんは眠れない日々が続いていると思う。どうして見つからないのか」と話した。

 府警はこれまでに延べ約8万9千人の捜査員を投入。いまも12人が専従で捜査している。捜査1課の森貴彦管理官は「一日も早く事件を解決するという思いは変わらない。ささいなものでも情報提供をお願いしたい」と話した。情報は泉佐野署捜査本部(072・464・1234)へ。(永野真奈)