[PR]

 安全安心で自給自足にもつながる食品のブランドを、北九州市立大学の学生らが立ち上げた。「自産地消フードマイレージ0」。大学内外の身近にそろう食材を使い、誰が作ったかが目に見える食をブランド化することで、地域の魅力発信につなげるという。

 大学で人類学のゼミや講義に参加した学生たちが「自分たちの食べるものはどこから来て、どう加工されているのか」と、疑問を持ったことがきっかけだ。

 酒蔵でアルバイトしてプロの技を学んだり、専門家に相談したりしながら、大学内で飼育するニホンミツバチの蜂蜜「北九州和蜂蜜(わほうみつ)」や、市内の休耕田で育てた「古代米・とよとよ」、その米からつくった「日本酒・とよとよ」を商品化していった。こうした商品の開発理念を、消費者に分かりやすく伝えたいと一つのブランドにまとめることにした。

 ブランド名には「地産地消」と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら