[PR]

 相鉄グループの相鉄ビルマネジメント(横浜市西区)と一般社団法人「横浜西口エリアマネジメント」(同)が、訪日外国人客へのサービス向上を目指し、「横浜駅西口インバウンドプロジェクト」を始めた。

 今秋開催されるラグビーワールドカップや来年の東京五輪・パラリンピックで、多くの外国人が横浜駅西口エリアに来ることが予定されている。旅のだいご味の一つである「食」のサービス向上に向け、同エリアの飲食店や企業が連携していく。

 具体的には、飲食店約100店が、ウェブサービス「Satisfood(サティスフード)」を導入する。客がスマートフォンでQRコードを読み取ると、こだわりメニューや料理に合う酒などを外国語(英中韓)で提案する。

 卵や乳製品なども含めたあらゆ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら