[PR]

 「何となく(試合をこなすの)では負ける。自分に矢印を向けなければいけない」

 18日、明治安田生命J1リーグ12節・清水戦を1―1で引き分けた後の大分トリニータの片野坂知宏監督の言葉だ。「今日の試合は見せるに値しない。油断があった。試合の入り方が悪く、自らピンチを招いた。判断が悪かった」と悔しさをあらわにし、「こういう試合をしていると(J2に)落ちる」と選手に伝えたという。

 チームは7試合負けなしで3位。申し分ない結果であるが、片野坂監督にとっては試合内容、選手のパフォーマンスに納得いかなかったのだろう。

 今季もGKを含めた最終ライン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも