[PR]

 名古屋市に本社を置く民放4社は20日、津波発生時にヘリコプター取材を分担する覚書を結んだ。より広範囲なエリアを撮影することで、避難に役立ててもらう狙い。放送局が取材で協力態勢をとるのは全国初という。

 合意したのは、CBCテレビ、東海テレビ、名古屋テレビ(メ~テレ)、中京テレビの4社。愛知県と三重県の沿岸に大津波警報が発表された際、原則24時間は4社のヘリが四つのエリアにわかれて取材する。新たに作ったシステムで空撮映像をリアルタイムで共有し、系列局も自由に使うことができる。運用は6月1日から。「名古屋モデル」と命名し、全国へ広めていきたい考えだ。

 愛知と三重の広い沿岸部をカバーするために連携しようと、東日本大震災以降、議論を重ねてきた。メ~テレの田中俊男報道局長は「これまでと同じ方法では地域住民の安心安全は守れない。より多様な報道ができたら」と話した。