[PR]
妻は体重20キロ 死の危険と「産みたい」、葛藤の先に
 「親子そろって死ぬ可能性がある」と宣告された妻は難病を患っていました。それでも産みたいと願った夫婦の決断を伝えた記者が、執筆に至る思いを綴ります。

取材考記 名古屋報道センター・保坂知晃

 かつての私なら、この記事は書けなかったと思う。

 遺伝性の難病で体に障害がある女性が妊娠した。女性は体重20キロ。医師は「親子そろって死ぬ可能性がある」と宣告した。それでも女性は出産を決断。命を巡る葛藤を乗り越え、776グラムの男の子を産んだことを記事にした。

 しかし、あの男性に出会う前の私なら、「障害を乗り越えて」などと書き、悪気もなくこの女性を傷つけただろう。障害は乗り越えるべきものではないことが、当時はわからなかったからだ。

 7年前、取材で津市の松田慎二…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら