[PR]

 学校の先生による子どもたちへのわいせつ行為が相次いでいる。長野県教育委員会は4月、こうした教員を処分したときの発表の仕方を初めて明文化。行為の具体的な内容や、被害を受けた子の性別などは「非公表」とあらためて決め、非公表の範囲拡大も場合によってはあり得るとした。情報の公開という点では、後ろ向きに見えるこのルール。いったいなぜなのか。(大野択生、岡林佐和)

 「なぜ具体的な内容を一切、明らかにしないのか」

 3月11日、40代の男性教諭を懲戒免職にしたと県教委が公表した記者会見は、大荒れだった。教諭は勤務先の特別支援学校で、生徒にわいせつな行為をしたとして、処分された。

 教員による自校の児童生徒への…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら