[PR]

 17日にあったサッカーJ1浦和―湘南で、ゴールに入った湘南の得点が認められなかった判定ミスを受け、日本サッカー協会の小川佳実審判委員長は20日、両ゴール脇に1人ずつ審判を置く「追加副審」を、8月からJ1で導入する考えを明かした。また、臨時の審判委を開き、試合を担当した山本雄大主審と川崎秋仁副審を2週間の、中野卓副審と熊谷幸剛・第4の審判員を1週間の割り当て停止の措置(18日から)とすることを決めた。本来、同様の措置は公にしていないが、反響の大きさを受けて公表したという。