[PR]

 ベストセラーとなっている「日本国紀」(百田尚樹著)をめぐり、版元である幻冬舎の見城徹社長が、本を批判した作家の津原泰水さんをツイッター上で揶揄(やゆ)し、謝罪に追い込まれた。「日本国紀」に対しては、昨年11月の発売以来、賛否両論が巻き起こっている。著者の百田さんが20日夜、朝日新聞の取材に応じ、自身の考えを語った。

 ――「日本国紀」をめぐって、他の作家や版元との間で騒動が起きていることをどう思いますか?

 「津原さんはツイッターで、『日本国紀』について大量に批判的な投稿をされるなどしており、ちょっと常軌を逸していたんじゃないかなと思います」

 「騒動については僕も実際のところは知りませんけど、幻冬舎の担当者が困って『ちょっと批判を抑えてくれないか』と言ったところ、津原さんは『その気はない』と。担当者が『そりゃ困る』となると、津原さんの方から『それならもう出さない』というようになったと聞いていますけどね」

※津原さんの新刊が幻冬舎から出版中止になった経緯について、津原さんは朝日新聞の取材に「装画がほぼ出来上がり、解説も依頼済みで、完成間近の状態だった。色んな人に協力してもらって、投げ出すわけないんです」と話し、出版中止は幻冬舎から持ちかけられたと主張している。津原さんと幻冬舎の間で言い分は食い違うが、幻冬舎の編集者は朝日新聞の取材に、「日本国紀の販売のモチベーションを下げている作家の著作に営業部は協力できない」と津原さんに伝えたことは認めている。

 ――「日本国紀」には出典元の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら