[PR]

 インドネシア選挙管理委員会は21日、4月の大統領選の集計結果を発表し、現職ジョコ大統領(57)の再選が決まった。ジョコ氏の得票率は55・5%で、一騎打ちした元陸軍幹部の野党党首プラボウォ氏(67)の44・5%を上回った。

 ただ、プラボウォ氏は、「選挙に不正があった」と結果を拒む意向を示している。異議申し立てがあれば、憲法裁判所が判断する6月まで確定はずれ込む。

 就任式は10月20日。憲法規定で3選できないため、ジョコ氏は2024年までの2期目が集大成となる。

 ジョコ氏は、政治エリートや軍…

この記事は有料会員記事です。残り566文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り566文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り566文字有料会員になると続きをお読みいただけます。