[PR]

 気象庁によると、寒冷前線などの影響で21日、西日本から東日本の太平洋側で強い雨が降っている。

 21日午前8時までの1時間の降水量は、静岡県富士宮市白糸で、5月の同地点としては観測史上最多となる42・5ミリ。静岡市葵区鍵穴で41・5ミリ、同県藤枝市高根山で39・5ミリ。静岡地方気象台は21日午前8時25分現在、静岡市南部、富士宮市、島田市などを土砂災害警戒対象地域とし、崖の近くなど土砂災害が起きやすい場所の住民に早めの避難を呼びかけている。

 中日本高速道路によると、新東名高速の浜松浜北インターチェンジ(IC)―新城IC間と、浜松いなさジャンクション(JCT)―三ケ日JCT間が通行止めになっていたが、午後1時10分に解除された。新静岡IC―藤枝岡部ICが、正午過ぎから通行止めになっている。

 神奈川県藤沢市では午前8時ごろ、「60代の女性が風にあおられ転倒した」と119番通報があった。頭を打って病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 浜松市は午前6時45分、釣橋川が危険水位を超えたため、同市北区三ケ日地区の1019世帯2931人に避難勧告を出した。その後水位が下がったことから午前8時45分現在、避難した人はいない。午前10時半に勧告は解除された。

 東京電力によると、午前11時15分現在、千葉県で富里市、香取市などの約1800戸が停電している。茨城県古河市、群馬県高崎市、静岡県清水町などでも一部で停電が起きている。同社が天候の影響を含めて原因を調べている。