[PR]

 第三セクターのえちごトキめき鉄道(本社・新潟県上越市)は、リゾート列車「雪月花」の運行3周年を記念し、雪月花の車体に付いている特製「サボプレート(行き先表示板)」の実物大レプリカを31日まで販売中だ。同社のホームページにある公式ショップで注文を受け付けている。

 サボは縦14センチ、横60センチのアルミ製。1枚1万4千円(税込み)で、燕市の金属加工会社が受注枚数分を製作し、7月中旬に発送する。雪月花の車体と同じ朱色を基調としたデザイン。受け付け最終日の31日は、雪月花が終点の上越妙高駅に着く午後4時47分で締め切る。問い合わせは同社販売課(025・543・7889)へ。