[PR]

 刑事裁判の被告は異端な存在ではなく、我々の仲間であり、社会の構成員なんだ――。裁判員裁判の開始から10年。市民と一緒に審理に臨んだ結果、意識が変わった元裁判官がいる。

 栗原正史さん(63)は昨春退官するまで6年間、さいたま地裁で裁判員裁判を担当した。ある事件の協議中、同い年ぐらいの男性裁判員から予想外の言葉が飛び出た。

 「裁判官って、被告を呼び捨て…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら