[PR]

 スマートフォン(スマホ)が普及するなか、学校への持ち込みを認めるべきか否か――。そんな議論が長野市の教育について広く話し合う会議であった。持ち込みは「原則禁止」の同市だが、災害時などの緊急連絡手段として必要だとの意見もあり、市教委は「見直しについては文部科学省の動向を注視し、慎重を期したい」と説明している。

 市長や教育長、教育委員らが参加して20日にあった、今年度1回目の市総合教育会議で話し合われた。

 携帯電話について、文科省は2009年、「学校の教育活動に直接必要のない物であり、小中学校への持ち込みは原則禁止すべきだ」と各自治体に通知。長野市では同様の趣旨で、この通知前から持ち込みを禁止している。

 一方で、大阪府は今年4月から…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら