[PR]

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは21日、東京ディズニーシー(TDS)に2022年度中に開業する新エリアの名前が「ファンタジースプリングス」に決まったと発表した。

 新エリアのテーマは「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」。「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」の三つのディズニー映画を題材にした施設ができる。入り口で神秘的な滝や池が目に入り、ディズニーの世界観に引きこまれるという。加賀見俊夫会長は「新たなファンタジーの空間が加わることで、今までにないパーク体験が届けられる」と語る。

 新エリアへの投資額は2500億円。TDS開業以来、最大の投資額になる。TDSの面積を約2割広げ、四つのアトラクションと三つのレストランを新設。高級客室を含む475室のホテルも建設する。訪日外国人客の来場が増えてパーク内の混雑に拍車がかかっている現状があることから、新エリア建設によって混雑を緩和し、リピーターの獲得を図る。(長橋亮文)