[PR]

 スターたちの歌と踊りで華やかな場面を紡ぐ「レビュー」が、宝塚歌劇団で初演されてから90年余り。数々の名作を生み出してきたのは、活動60周年を迎えた歌劇団の作曲家・吉﨑憲治と、55周年の演出家・岡田敬二。岡田演出の「ロマンチック・レビュー」シリーズ20作品の主題歌は、すべて吉崎の作曲だ。レジェンドとしていまも活躍する2人に、宝塚レビューの魅力を改めて聞いた。

     ◇

 吉﨑は「宝塚の歴史の半分以上にかかわってきたと思うと信じられない。宝塚は、300年以上前からあるような気がしていました」と笑う。1959年の入団から3千曲以上を作ってきた。

 初めてオーケストラボックスで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら