[PR]

 ソニーが総合電機メーカーから脱皮し、ゲームなどのコンテンツビジネスで好業績を維持している。ゲームの追加課金を導入したりキャラクターを複数の事業で活用したりして、コストを抑えて稼いでいる。

 21日、東京都港区の本社で経営方針説明会を開き、中核のゲーム事業を強化する方針を打ち出した。会場の大画面には、人気ゲームソフト「スパイダーマン」を、来春以降に売り出すプレイステーション(PS)4の次世代機でプレーした場合の試作映像を流した。

 高速で移動するスパイダーマンの視点にあわせ、米ニューヨークの街並みが切り替わった。次世代機は処理能力が上がり、スピード感をより楽しめる。吉田憲一郎社長は「最先端の技術でユーザー体験を進化させ続ける」と力を込めた。

 ゲーム内での追加課金や通信対戦に参加するための月額料金などを、2013年発売のPS4からは本格採用。「売って終わり」だったゲーム事業を「売った後も稼げるビジネス」に変えた。PSのネット上ストアには月9400万人が訪れる。ゲーム事業を19年3月期まで2年連続最高益の「原動力」に育て上げた。

 発売から3カ月足らずで900万本も売ったゲームソフト「スパイダーマン」は、その象徴だ。

 17日には米マイクロソフト(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら