[PR]

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは21日、東京ディズニーシー(浦安市)に増設する新エリアを「ファンタジースプリングス」と命名した。ディズニー映画「アナと雪の女王」と「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」を題材としたアトラクション施設を、泉や滝でつなぐとしている。2022年度に開業する予定だ。

 TDRの発表によると、新エリアの用地約14万平方メートルの大部分は、駐車場を立体化することで確保した。

 ディズニーシー側から魔法の泉が湧く入り口を抜けて入ると、右手に「塔の上のラプンツェル」でヒロイン・ラプンツェルが幽閉されていた森深くの塔が見える。アトラクション施設でラプンツェルと一緒に、映画のクライマックスシーンが体験できるとしている。

 奥には「アナと雪の女王」の主…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら