[PR]

 医学部医学科入試で、男女の合格率の格差が縮まっていることが、朝日新聞の調査でわかった。文部科学省が81大学を対象に行った調査では2018年度は男子が女子の約1・22倍の割合で合格していたが、朝日新聞が19年度について78大学から回答を得たところ、約1・09倍となった。特に、不適切な入試の可能性などが指摘された私立大で合格率が変化しており、全体に影響しているとみられる。

 医学部入試をめぐっては昨年、東京医科大が一律に女子や浪人回数の多い受験生を不利に扱っていたことが判明。文科省が初めて、所管する81大学の男女別合格率を調査した結果、18年度は約1・22倍、13~18年度の平均でも約1・18倍の割合で男子が高かった。他の理工系学科のほとんどは男女差がない、または女子の合格率が高く、不自然さが指摘されていた。

 朝日新聞が各大学を対象に今年度の実績を聞いたところ、男子の受験者に対する合格者の割合は78大学の合計で12・61%だった。一方、女子は11・62%で、男子の方が約1・09倍高かった。女子の合格率が1割を超えたのは、この7年間で初めてだった。

 東京医科大の18年度の合格率は男子が9・04%に対して女子が2・91%で、男子の方が3・11倍高かったが、今年は男子が21・79%、女子が26・38%で逆転した。同大は「19年度入試は、公正な試験をした結果」としている。

 卒業生の子を優遇していたとし…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら