[PR]

 那覇市の高校生が市内で航空券代をなくし、途方に暮れていた時、連絡先も聞かず現金6万円を渡してくれたのは、見ず知らずの男性だった。後日、「お金を返してお礼が言いたい」と新聞記事で呼びかけると、埼玉県の男性と判明。21日に沖縄で再会した。

 高校生は沖縄工業高校2年の崎元颯馬(そうま)さん(17)。男性は埼玉県の医師、猪野屋博さん(68)。

 那覇市で寮生活を送る崎元さんは4月24日朝、伯父の葬儀で与那国島に帰るため、モノレールで那覇空港に向かっていた。ところが那覇空港駅で、財布をなくしたことに気づいた。

 仕事で沖縄に滞在していた猪野屋さんは空港駅から乗車。乗客が降りた車内の座席で頭を抱える崎元さんに気づき「どうしたの?」と声をかけた。財布をなくし、飛行機の時間が迫っていると聞いた猪野屋さんは「いくら?」と尋ね、崎元さんは「6万円」と財布に入っていた額を答えた。航空券代を聞いたつもりだった猪野屋さんは、与那国島までにしては高いと一瞬不審に思った。ただ、発車のベルが鳴ったため、6万円を手渡して先を急がせた。連絡先や名前は確認しなかった。

 崎元さんは伯父の葬儀に参列。その後、父親や先生に相談し、沖縄の新聞社に連絡して、「借りたお金を返し、お礼がしたい」という顔写真つきの記事を掲載してもらった。5月10日、いきさつを聞いていた同僚がネット上でこの記事に気づき、猪野屋さんに伝えた。

 21日、沖縄工業高校を訪問した猪野屋さんを、崎元さんが出迎えた。なくした財布は別の駅で保管され、6万円は手元に戻ってきた。崎元さんはお金を返し、「感謝」の文字と2人の名前を刻んだアルミニウム製の文鎮をお礼に贈呈。「直接お礼が言えてほっとしています。あのときは、声をかけてもらえただけでも落ち着くことができた。自分も困っている人に声をかけられるような人になりたい」と語った。

 猪野屋さんは、6万円を渡した経緯を同僚に話すと「だまされたんだよ」と言われたという。「彼が捜しているというニュースをみて、涙が出るほどうれしかった」と振り返り、今回の再会を喜んだ。(木村司)