[PR]

 昨夏の記録的な猛暑は、地球温暖化がなければ起こっていなかったとする研究結果を、気象庁気象研究所などのチームが22日、発表した。温暖化で地球全体の平均気温があと1度上がると、35度以上となる猛暑日の国内での発生回数が現在の1・8倍になるとも推計している。

 チームは温室効果ガスの濃度を産業革命前に設定するなどした「温暖化のない地球」と、実際の気候をもとにした「現実の地球」で、大気や海水温のデータをもとに約60年分の気象状況を、コンピューターで100回ずつ再現した。

 その結果、日本上空が昨年7月を超える気温になる確率は、現実の地球では約20%だったのに対し、温暖化のない地球ではほぼ0%と推定された。

 温暖化対策を定めたパリ協定は…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら