[PR]

 仕事の付き合いや世代を超えて集まる、働く女性たちの会「よこの会」(大阪市北区)が設立35年を迎えた。関西を中心にした30~80代の約100人が会員。働き続ける女性が少なかった時代から管理職が増えつつある現在まで、時代が変化するなかで互いに刺激し、悩みを相談できる貴重な場であり続けている。

 会は男女雇用機会均等法が成立する前年の1984年5月、二十数人で始まった。大阪市内でコミュニティーペーパーを発行していた女性らが、女性のための会をつくろうと知人らに声を掛けた。「よこ」には、横のつながりを大切にしてネットワークを育てようという思いを込めた。

 設立時からの会員で、広告大手、博報堂の元営業部長の丸子喜代子さん(78)は「困った時にどう乗り越えるか。孤軍奮闘だった女性たちが体験を元にアドバイスしあった」と思い起こす。

 当時は結婚を機に仕事をやめる「寿退社」が当たり前とされた時代。ネットもなく、情報が入りにくかった。丸子さん自身も90年代まで会議に出れば周りは男性ばかりだったという。

 メンバーらは毎月、集まった。上司との関係や仕事と家庭の両立など悩みを語り合い、活躍する女性を招いた講演会を企画した。

 年間の活動テーマを見ると世相…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら