[PR]

 下関市立日新中学校2年生の溝口真菜さん(13)、岡田遙香(はるか)さん(13)、萱野創也さん(13)の3人が21、22の両日、朝日新聞下関支局で職場体験学習をした。記者に同行して取材現場で説明を聞いたり、新聞販売所(ASA)で作業を体験したりした。

 初日はまず高杉晋作の墓がある東行庵(あん)へ行き、学芸員らの解説に耳を傾けた。その後、梅光学院大へ移動し、新しい校舎を見学。全日空の客室乗務員が講師を務めた学生向けの授業にも出た。2日目は下関大丸で始まった「薩長土肥のうまいもの大会」を取材。写真を撮影し、記事にする想定で内容を原稿用紙にまとめた。ASA下関中央では折り込みチラシを新聞にはさんだり、新聞包装機を動かしたりした。

 3人は「ふだん入れない場所に行けて楽しかった」「これからも新聞を読んで大切にしていこうと思った」などと感想を述べた。キャリア教育の一環で、日新中の2年生は今回、34事業所・学校で職場体験学習をした。(貞松慎二郎