[PR]

 自民、公明両党の幹事長と国会対策委員長が22日午前、東京都内で会談し、自民の二階俊博幹事長は夏の参院選に合わせた衆院解散による衆参同日選論に関し、「参院のための衆院解散はあり得ない」と述べた。同日選のための衆院解散には、相応の理由が必要だとの認識を示したとみられる。

 会談では、二階氏は「参院がしっかりと自分自身で勝ち抜けるようにすべきだ」とも述べた。公明の高木陽介国対委員長が会談後、記者団に明かした。

 会談では、立憲民主党など野党5党派が参院選の全国32ある1人区で候補者の一本化を進めている動きが話題に上った。会談後、自民の森山裕国対委員長は記者団に「(法案に対する態度の)賛否が分かれているのに、候補を一本化するとは国民にどう説明がつくのか、という意味の話はあった」と紹介した。