[PR]

 重度の知的障害がある若者が、介護者の手を借りながら一人暮らしをする。その日常を追ったドキュメンタリー映画「道草」が、6月に広島県内で上映される。障害者が自立した生活を送ることは簡単ではない。周囲の人たちが試行錯誤しながらサポートを続ける姿も見どころの一つだ。

 多くの知的障害者が施設や親元で暮らしているのが現状だが、映画に登場する24歳のリョースケさんは、もう7年以上、都内のアパートで一人暮らし。重度訪問介護制度を利用し、約10人の介護者が交代で生活を支える。「そんな暮らし方の選択肢があることをリョースケに出会って初めて知った」。監督を務めた映像作家の宍戸大裕(ししどだいすけ)さん(37)は打ち明ける。

 2年がかりの撮影を終えた今は、適切な支援があれば重度の障害者も地域で暮らせるとの思いだ。「伸びやかに生きる彼らの姿をみてほしい」という。

 散歩中のリョースケさんはとて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら