[PR]

 神奈川県横須賀市長沢2丁目の北下浦海岸で22日午前6時ごろ、クジラのような生物が打ち上げられているのを通行人の男性が見つけ、110番通報した。

 県警浦賀署員が駆けつけ、体長6メートルほどのクジラとみられる生物で死んでいるのを確認した。

 海岸は漁港区域にあたり、横須賀市が管理する。かなり腐敗が進んでいることから、種類などを確認したうえで、市は現場に穴を掘って埋める方針。

 現場は京急長沢駅に近く、東京湾に面している。

 相模湾に面した鎌倉市の材木座海岸でも、21日午後、クジラの死体が漂着しているのが見つかっている。