[PR]

 サラブレッドは人類がつくりあげた究極の競走馬だ。優れたオスとメスの交配を積み重ね、走る能力を高めてきた。しかし、資質だけで勝てるほどスポーツは甘くない。人間さながらのトレーニングや体のケアの研究が進んでいる。

ディープインパクトの秘密

 春は競馬がいちばん華やぐ季節だ。最高格付けのGⅠレースが続き、3歳馬の頂点を決する競馬の祭典「日本ダービー」(東京優駿〈ゆうしゅん〉)で、その華やぎはピークに達する。今年の日本ダービーは26日にあった。

 今回の出走馬の父親をさかのぼると、すべてが1頭のオスに行き着く。ダーレーアラビアンだ。推定1700年生まれ。中東地域から英国に持ち込まれ、ゴドルフィンアラビアン、バイアリータークとともに、サラブレッドの「3大始祖」になった。

 そもそもサラブレッドは「純血種」という意味だ。その純血種づくりは18世紀初めの英国で、3大始祖に優秀なメスを配合させることから始まった。

 だから、すべてのサラブレッドは3大始祖のいずれかの血を受け継ぎ、品種改良の営みはいまなお続く。目的はひとつ。「速い競走馬」をつくることだ。

 速い馬とはどんな馬なのか。

 たとえば、ディープインパクト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら