[PR]

 ボルボ・カー・ジャパンは22日、エンジンのプログラムに不具合があったとして、V40など8車種2万510台(2015年6月~19年2月輸入)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 国交省によると、不具合によって出たすすの影響でエンジンの燃焼効率を測るセンサーが適切に作動しなくなり、排ガスが保安基準を満たさなくなる恐れがあるという。