写真・図版

[PR]

患者を生きる・眠る「芋洗坂係長と無呼吸」(4:情報編)

 睡眠時無呼吸症候群(SAS)は睡眠中にのどがふさがり、呼吸が何度も繰り返し止まってしまう病気だ。

 呼吸が止まるたびに、苦しくなって脳が覚醒し、大きないびきをかいて呼吸が再開する。深く眠れないため、日中にひどい眠気や倦怠(けんたい)感が出て、急に眠ってしまうこともある。放っておくと、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の原因となる恐れがある。

 日本大学医学部元教授で、20…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら