[PR]

 水戸市常磐町の偕楽園と常磐神社の東隣に、カフェと多目的スペースを備えた施設「ときわ邸M(エム)―GARDEN(ガーデン)」が建設されることになった。グロービス経営大学院学長で、プロバスケットボール・茨城ロボッツ運営会社取締役の堀義人氏らのグループが計画。来年7月に完成予定という。

 施設は、堀氏が座長を務め、企業経営者らと水戸の市街地活性化を目指す「水戸ど真ん中再生プロジェクト」の一環。同社の子会社が運営し、事業費は約5億円という。堀氏が土地を購入し、鉄骨2階建ての建物(延べ床面積約490平方メートル)を建てる。

 1階はカフェとガラス張りのダイニングホール、2階にリビングルームと民泊にも使える3部屋を設ける。主にロボッツのファンクラブ会員らを招いたパーティーや、同プロジェクトの関係者の会合などを想定するが、カフェは観光客や地域住民も利用できる。

 施設のコンセプトは「令和の好…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら