[PR]

 「どっこい、どっこいせーっ」。5月13日、京都府綾部市志賀郷町の志賀郷公民館で、勇壮な太鼓の音と元気なかけ声が響いた。演奏が終わると、集まった地域住民ら約30人から拍手がわき起こった。

 太鼓を披露したのは、市内のパーキンソン病患者とその家族でつくるグループ「アヤベたんぽぽの会」。約3年前に入会した石井明夫代表(77)は「同じ病気を抱え、お互いの意見を言い合える。会は気が休まる場だ」と話す。

 会は2002年秋、市内の女性患者3人が結成した。当初から参加する事務局長の木下広子さん(62)は「パーキンソン病がどういう病気かあまり知られておらず、みんなに知ってほしかった」と思い起こす。

 木下さんは21歳で長女を出産…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら