[PR]

 「久しぶりやねえ」「大きくなったね」。綾部市北部の梅迫(うめざこ)町陣屋奥にある梅迫公民館に姿を見せた親子連れに、長机でコーヒーを飲んでいたお年寄りたちが声をかけた。

 毎月1回、公民館でオープンする「じんやカフェ」。世代を問わず気軽に集まれる場所を作ろうと、2016年4月に地元有志9人が始めた。メンバーが出資金を出し合って運営する手作りのカフェだ。

 一帯はかつて東八田地区の中心だった。本通りは「銀座通り」と呼ばれ、げたやしょうゆ、傘、湯葉など多彩な商品を扱う店が軒を連ねてにぎわった。だが人口流出が続き、約30年前に約3150人だった地区人口は、今年3月時点で約1760人まで減った。

 グループ代表の四方貞枝さん(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら